オオワシ

Σ(`д`ノ)ノ ヌオォ!! [オオワシ(の幼鳥)] 日本にやってくる猛禽類の中で最大、最強! (大きいだけのクロハゲワシを除く) 翼開長2.5mって、すご過ぎ! 同じく2mを超えるオジロワシよりも、体や爪が頑丈にできてるらしい。 こんなのが本当にいるなんて信じられない! 写真とろうとしても、画角に収まって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[あなたはだんだん眠くなる]100222

カモのおしりと寝姿特集を組んでみました。 眠い写真で、あなたを充実の快眠へといざないますヾ(* ̄▽ ̄*) 湖の鳥たちです。             ゆったり泳ぐ白鳥さんです。             白鳥さんも寝ています。             氷の上でカモさんたちも寝ています。アオサ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

[海]100220

原子力発電所のすぐそば、 放射能で汚染されているかもしれない海を見てみました。 今日もいつもの出勤風景、 大勢黒スーツに身を固めて出勤する発電所職員のみなさん。                 今日も出勤お疲れ様です(* ̄▽ ̄)ノ 続いて学生のみなさん。                 今日も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワガラスの仮剥製<071015>

みなさんこんばんは、朝見てる人がいたらごめんなさい。 ちょっと今日はカゲキな画像です。 前にガビチョウの仮剥製をつくった時は、 もう二度とつくるもんかと、ひどく後悔したものですが、 今日は、カワガラスの仮剥製をつくってみました。 会社の同僚が宮城県の川で拾ってきたもので、 もらった時はまだ死後硬直する前の新鮮な状態で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

蒲生~小塚原~長谷釜~鳥の海~石巻-蕪栗沼〈070908-10〉

最近あまりにブログを更新する暇がなく、ご無沙汰していました。 さあ、気合入れて更新すっぞー! というわけで、もしご覧になってくれている方がいらっしゃったら、 またよろしくお願いしますダ。 久しぶりに探鳥に行ったので、気合が入りました。 9月8日は朝4:00に起き出し、 蒲生干潟、小塚原・長谷釜休耕田、鳥の海、石巻という、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道〈4月下旬~5月下旬〉

昨年度末から仕事が忙しい状態がずっと続いている。 バスケの練習も最近めっきり行ってなくて、 今日久しぶりに行ったら、ちびっ子達が増えててびっくりした。 参加した10人のうち3人がちびっ子という具合で、 平均身長の低い中での練習だったが、楽しかった。 この間北海道に出張してきたので、ついでに撮れた写真を載せてみる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブッポウソウ〈070530山形県〉

ブッポウソウを見た。 西に行くと照葉樹林帯で見られるらしいが、東北ではなかなか珍しい。 豊かな森林に生息する鳥というイメージがある。 私が今まで見たのも、飯豊や朝日、西会津などといった、山深いところが多い。 赤いくちばし、深緑の体。 渡りの季節には松林などでも見られるのだろうが、 じっくり見たのは、原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛島〈070503-05〉

知る人ぞ知る渡り鳥のワンダーランド「飛島」。 山形県酒田市に所属する島である。 小学生の時聞いた話では、 その昔飛島が秋田県に所属するのか山形県に所属するのか揉めた時に、秋田、山形県境を延長した線を日本海に引っ張ると、島が山形県側に入るというので山形県になったらしい。 それでも私には秋田県の方に入るように思えて仕方がなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大沼~蒲生<070128>

前回の探鳥の時、冬なのに蒲生にコチドリがいた(!) ように見えたのだが、本当にいたのか信じられなくなって 確かめに行ってみた。 とりあえず道の途中にある大沼に寄った。 家族連れがたくさんいて、子供が「みんな、えさだよ!」と言って 投げるパンくずに群がるカモたちにはしゃいでいた。 今回はトモエガモは見当たらなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都はるみ<070114若林区沖野・荒井~大沼~蒲生~鳴瀬川河口>

鳴瀬川河口に来ているというミヤコドリを見に行った。 ただ行くのでは面白くないから、途中色々寄り道していった。 まずは、昨日バスケの練習をした市民センターの付近に 広がっていた田んぼが気になったので、とりあえず行ってみた。 沖野地区の水田にミヤマガラスの集団があった。 100羽いないぐらいの小規模な集団だ。 さらに田ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双眼鏡

長期保管するために、手持ちの双眼鏡の手入れをしました。 双眼鏡の対物及び接眼レンズ表面には、 光をとり込みやすくする繊細なコーティングが施してあります。 高価な双眼鏡になればなるほど、このコーティングが命とも言えるのです。 ゴシゴシ拭くのはもちろんダメ。やさしくそっと拭いてあげましょう。 ・・・などと思いながら手入れをしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石巻<旧河北町070105>

年が明けた。 新年一発目の探鳥はどこにしよう、伊豆沼?蕪栗沼? 悩んだ末、旧河北町(宮城県)に行ってきました! 河北町は、昨年末ケアシノスリの情報があった場所だ。 北上川のヨシ原にいたらしい。 ケアシノスリは速いし、強いから好きだ。 もういなくなっているかもしれないが、そんなことはどうでもいい。 新年一発目の探鳥という…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

羽根<061217>

いつの頃からか、何気なく拾った鳥の羽をファイリングするようになった。 今まで拾った羽を確かめてみたら、今年の7月に拾ったはずの クマタカの小雨覆がなかった。 本当にどこにもない。 あぁぁ~、あの思い出の羽が~! というわけで、 今後こんなことがないように、パソコンの中にも保存することにした。        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家すずめ<061216>

隣の居間の方から「パタパタパタッ」と音がして目が覚めた。 来客の夢を見ていた。 外はもう明るくなっていて、うすいカーテン越しに冬の光が差し込んできている。 再び眠りに落ちようとした時、 また、「パタパタパタッ」と音がした。 はじめは気のせいかと思ったが、これは鳥だ、と思った。 ふとんから抜けて、ふすまを開けた。 部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮仮剥製<061118>

福島県某所に出張していた11月15日、 県道を車で走っていた。 前方のセンターライン寄りの対向車線に、何かかたまりが落ちていた。 鳥かなあ? 少し通り過ぎて道脇に車を止め、車から出て走って近寄ると、それはガビチョウだった。 死後硬直している。それほど時間はたっていない。 ついさっき道脇から飛び出してきて、車に当たったんだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

暖温帯<0611XX西日本>

最近仕事でよく西日本に行く。 私の住む東北は、植物地理学的には落葉広葉樹林帯(冷温帯)だが、 そこは照葉樹林帯(暖温帯)だ。 鳥類は、ほとんどが東北でも見られる種だけれど、 細かい渡り区分の位置づけなどの点で、微妙に違っていたりする。       ↑ビンズイ、東北では繁殖期に見られるが、ここでは越冬期に見られる。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

マイボール購入

先月あたりからバスケをはじめた。 まだチームには所属していないが、 今はいろいろなチームの練習に参加させてもらっている。 そろそろどのチームに入るか決めるつもりだ。 練習の参加者に聞くと、やはり社会人になってまでバスケをしている人は、 多かれ少なかれみんな経験者だということで、現にあの能○工の4番だったという人もいた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクガン<061105蕪栗沼>

仙台に越してきて6年目の冬、 伊豆沼にも蕪栗沼にも行くが、実はまだハクガンを見たことがない。 越してきた当初は、今まで見ることができなかった鳥でも、 仙台なら気軽な探鳥気分で見つけることができる鳥というのが何種も思いついたけれど、 今や残っているのはハクガンのみではないかと思う。 今年ハクガンがやってきたという情報は、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マダラヒタキ<三神峯公園061029>

会社の上司のとあるバンダーさんから連絡が来た。 折りしも土曜日、こんな朝早くから会社行ってらんねーよ、 と思いながら携帯をとった。 「マダラヒタキが三神峯公園に来てる」 マダラヒタキって、なんだっけと、まだ起きて間もない頭の中が鈍く回転した。 えっ!マダラヒタキ!まじで?あのマダラヒタキ?? 珍鳥情報、ご教示いただきいつ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東北にタカの渡り文化を根づかせよう3〈多聞山061014〉

東北は山よりも海沿いをタカが渡るのかも知れない。 そう思った私は、早速宮城県七ヶ浜町の名所、多聞山(Tamonzan)へと登った。 ここからの展望は、松島四景のひとつ。 これぞ絶景!知っている人は知っている。知らない人は何も知らない。 半島の北側が湾に突き出ているこの感じは、まさに東北の伊良湖岬!みたいじゃないか。 もうハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more