ひぽネンのblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮仮剥製<061118>

<<   作成日時 : 2006/11/23 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

福島県某所に出張していた11月15日、
県道を車で走っていた。
前方のセンターライン寄りの対向車線に、何かかたまりが落ちていた。
鳥かなあ?

少し通り過ぎて道脇に車を止め、車から出て走って近寄ると、それはガビチョウだった。
死後硬直している。それほど時間はたっていない。
ついさっき道脇から飛び出してきて、車に当たったんだろう。
少し右肩が下がっているが、外傷はない。

画像

          ↑側面、まだ瞳孔も締まっており、生き生きとしている。

画像

          ↑上面

きれいな個体だ。私はこれを仮剥製にすることにした。
あいにく冷凍庫の使える環境ではなかったが、
ちょうどよく寒い時期にあたっていたので、その後出張から帰るまでの2日間、
クーラーボックスに入れて、野外の日陰に保管した。
この天然の冷蔵庫のおかげで、新鮮な状態のままに保っておくことができた。

画像

          ↑羽を開いたところ

実は、仮剥製をつくるのは初めてだ。
以前、やってみようかとツバメの幼鳥を1年ぐらい冷凍庫に入れておいたことがあったけれど、
さてやってみましょうか、とは思えなかった。
いきなりやって、うまくいくかなあ?

11月18日、胸部の切開にとりかかるまで、
新聞紙の上のガビチョウとにらめっこしながら2時間かかった。
その胸の奥に潜むワンダフルワールドを想像しようとしたけれど、
初めてなので、特に何も浮かんでこなかった。

そんな医者みたいに器用なことができるんだろうかという不安、
でも、時間が経てば、少しずつガビチョウは乾いたり、腐ったりしていく。
この葛藤は、想像以上に大きかった。

ピンセットを使って、皮膚を筋肉から少しずつ分離させていくのですが、
これが想像以上にハードな作業でした。
腐りやすいものを除去した後の、皮や骨にはホウ酸を塗っていきます。
切開には、ふつうメスを使いますが、持っていなかったのでカッターで代用しました。
また、外科用のハサミも便利なようですが、持っている小さめのハサミで代用しました。

画像

          ↑胴を取り除いたところ。あとは首と頭のみ。

首と肩関節の切除、胴の分離、膝の切除、脛肉の分離、
上腕骨の抜き出し、直腸の切除までが終わって、
残るは首と頭のみ、となったところで、
いつの間にか感じ始めていた頭痛が大きくなってきていて、
それ以上は無理っぽかったので、その日の作業を終えた。
至近距離で長時間じっと見すぎていたせいかもしれない。

11月19日、残る首と頭の作業を終えて、綿花を詰める。
一応、しんどい作業はこれで全部終わった。

画像

          ↑よくぞここまで!疲れました。

仮剥製というものは、本当はお腹を縫合しなくてはならないものなのだが、
そのような気力など、もうすっかりなかったので、そのまま新聞紙でくるみ、乾燥させた。
それに採取日、採取場所、各種計測値を記したデータラベルを貼る。

画像

          ↑布団にくるまって寝てるみたいです。

画像

          ↑完成した仮仮剥製

生みの苦しみを経験すると、無性に愛着がわくものだなあ、と思いました。
かわいくて仕方ないです。
でも、もう2度とつくる気はしないですね。
地道で根気のいる作業で、とにかくしんどかったです。
本当にもう、こりました。
またきれいな個体が落ちていた時は、拾うような気もするけど・・・。

*ガビチョウ(チメドリ科)
外来生物法一次指定の外来種。ツグミより少し小さい。笹などの薮にすみ、クロツグミを濁らせたような大きな声で鳴く。関東一円から、福島県、宮城県南部、九州北部にも生息し、最近めきめきと分布を広げてきている。絵で書いたような過眼線があることから、"画眉鳥"の名がある。
外来生物法の指定種は、生きている個体を飼養したり保管したりするには許可がいる。また、捕獲した個体を移送し、野外放逐することも禁じられている(反対に、捕獲した個体をその場で殺すのはいいそうです)。ブラックバス(同じく一次指定種)と同じ扱いである。
死体は悪さをしないので、持ち帰ってもかまわない。

☆お疲れ様でした☆

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブラックバスについて
バス釣りといえば、もちろん釣るのはブラックバスですよね。 ブラックバス釣りの魅力は、やはりあの強い引きですね。 ...続きを見る
バス釣りを楽しもう!
2006/11/28 17:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮仮剥製<061118> ひぽネンのblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる